モランボンの「海鮮寄せ鍋つゆ」が旨い

材料

モランボンの海鮮寄せ鍋、カキ、タラ、豆腐、大根、青梗菜、長ネギ、小松菜、ニンジン、(白菜、水菜、エビ、イカ、アサリ)

調味料等

なし

調理道具

調理方法

 季節はいつの間にか冬に入ったようで、毎朝起きるのが辛くなっています。また夕方になると、今日の夕食のおかずはどうしようかと悩む毎日が続いているのですが、冬場の場合鍋物がおいしくて、作るのも便利というのはここ数年経験してきたところです。

 ただ楽をしようと思って、スーパーの市販のつゆを使うことが多いのですが、「これはなかなか旨いじゃないか」と思えるようなつゆに出会えませんでした。

 これまで寄せ鍋、ちゃんこ鍋、味噌鍋、チゲ鍋、キムチ鍋といったものを試してきましたが、どれもまずくはないものの、もう1回食べたいと思えるようなものではありませんでした。

 ところがつい先日購入したモランボンの海鮮寄せ鍋つゆが、予想以上においしかったので紹介することにしました。価格は300円前後。作り方は他の鍋類と全く同じ。

モランボンの海鮮寄せ鍋つゆ
 
 中に入っているつゆを加熱し、そこに自分好みの具材をどんどん入れるだけ。というわけで、今回使ったのがカキ、タラを主体にして、これに豆腐を加え、さらに市民農園に出来ていた大根、青梗菜、長ネギ、小松菜、ニンジンなんぞを追加。

 あとから考えるとキノコも入れるべきだったと思いましたが今後の課題です。パッケージには白菜、、水菜なんて言う文字も書かれていましたが、白菜は高いし水菜もあまりよいものがなかったので割愛。

 第一上記のものを入れたら鍋はほとんど具材で埋め尽くされました。というわけで、食べてみると、パッケージには薄口醤油味と書かれていますが、ほのかに塩味もして、確かに海産物にぴったしの味です。

 イメージを膨らませると、海産物としてエビやイカ、アサリなんぞを入れてもいいかも。というわけで、次回に備えて今日もスーパーで見かけたので購入してきました。



トップへ戻る 鍋料理