乾燥ワカメの卵雑炊

材料
ご飯、卵、わかめ
調味料等
粉末カツオだし、塩、醤油、めんつゆ、酒
調理道具
調理方法

 昨晩は息子が大学の友人と食事をするというので、私は一人で食事。天気も良いし、午後からは我が家の近辺にある河川敷のウォーキングコースを歩いたこともあり、「久し振りに居酒屋でも」という気持ちが芽生えました。

 しかし、5月には旅行に行くことが決まっていて、そこでたっぷり外食をするだろうからと考え自宅で食事。

 当然ながら節約も兼ねている訳ですが、とりあえず近所の酒屋さんでサッポロの黒ナマ350mL缶を2本購入。つまみは前回のバンコク旅行で買ってきた、妙な香りのするポテトチップ。ピリ辛で、慣れてくるとビールに合います。

 さらに賞味期限が迫っていたアジの干物。そして少量の冷奴。最近は小さなパックに分かれているものが売られているので便利になりました。ただちょっと割高だなと感じています。

 仕上げは久し振りに卵雑炊。鍋に水を入れ、例によって粉末かつおだし。冷蔵庫に三陸産のワカメがあったので、これを水洗いして、ちょっと小さめに刻み投入。

 さらに塩を小さじで半分か3分の1ぐらい。醤油とめんつゆをそれぞれ少量。このあたりの量はかなり適当。すべて勘と目分量です。

 ちょっと味を見て、ご飯をいれ煮立てます。煮立ったところで、酒を少量。さらに溶き卵を上から回すように入れて適当にかき混ぜます。頃合を見て出来上がり。

 安直な料理ですが、アルコールを飲んだあとにさらっと食べるのに好都合です。調理時間15分ぐらい?です。
トップへ戻る 主食(米、パン)