ロコモコ丼

材料
ご飯、牛豚合挽き肉、タマネギ、卵、パン粉、牛乳
調味料等
S&Bのシーズニングシリーズの「ハンバーグ」、ハインツの「デミグラス ハンバーグソース」、胡椒
調理道具
フライパン(大と小)
調理方法

 ハワイ旅行の記憶がまだ新しかったせいか、突如ロコモコ丼を作ってみようと思い立ちました。

 というわけで、先ずはハンバーグの製作ですが、焼くだけの出来合い製品にするか、挽肉を買ってきて作るか迷った末、節約と品質の良いハンバーグを目指して自分で作ることにしました。

 ただし料理補助製品を使っています。今回使ったのは、以前も紹介したことがある「S&B」のシーズニングミックスシリーズの「ハンバーグ」というもの。100円で二袋入っています。一袋が、肉200g前後に相当するみたいで、値段が100円と割と安い。

S&Bのシーズニングシリーズの「ハンバーグ」 最初にやるのがタマネギのみじん切り。これは家庭菜園のタマネギを使ったので、基本的に無料。

 これをフライパンで胡椒をかけて、しっかりと炒めて取り出し、熱を冷まします。

 その間に、ボウルにパン粉、卵1個、牛乳少々、牛豚合挽き肉(今回は250gぐらい使いました)を入れて、大き目のスプーンでかき混ぜるというか、こね合わせます。

 これに先ほどのタマネギも加え、さらに粘り気が出るまでよく混ぜます。

 出来上がったものを大まかに4等分して、一番大きなフライパンに、先ほどのスプーンで盛り付け、さらにスプーンで厚さ1cmぐらいの円形に形を整え、中央をほんの少しくぼませます。
ハインツの「デミグラス ハンバーグソース」
 これを少し強火で焼き、焦げ目が付いたら裏返して、今度は蓋をして中火で加熱。

 焼けた頃を見計らって、いったんハンバーグは取り出し、皿にのせ冷めないように蓋をします。

 フライパンの中に残っている肉汁に、今度はハインツのデミグラスソースを加え、弱火で加熱。同時に小さなフライパンで目玉焼きを作成。

以上の準備が出来たら、丼にご飯を入れて、この上に熱々のハンバーグをのせ、さらにその上に目玉焼き。さらにさらにデミグラスソースをかけるとロコモコ丼もどきの出来上がり。

 このデミグラスソースは結構味が濃くて、ご飯が進みました。
トップへ戻る 主食(米、パン)